礼拝/祈り会/聖礼典

聖礼典とは神の恵みの特別な業を示しています。それは目に見えるしるしによって私たちとキリストとを結びつける神の恵みを現すものです。聖礼典にはイエス・キリストによって制定された「聖餐」と「洗礼」の二つがあります。

聖餐式 The Lord’s Supper

パンと葡萄酒(当教会では葡萄汁を使用)の聖礼典として知られる聖餐式は、毎月第一週の日曜(聖日)礼拝の中で執り行っています。聖書の御言葉を一同で朗読した後、祈りと感謝をもっていただく主の晩餐です。

それから、パンを取り、感謝をささげてから、裂いて、弟子たちに与えて言われた。「これは、あなたがたのために与える、わたしのからだです。わたしを覚えてこれを行いなさい。」食事の後、杯も同じようにして言われた。「この杯は、あなたがたのために流されるわたしの血による新しい契約です。」 ルカの福音書 22:19,20

処刑される前夜、キリストは自ら望んで弟子たちと夕食をともにしました。「最後の晩餐」あるいは「主の晩餐」と呼ばれるその席で、主は弟子たちにパンと葡萄酒を分け与えられ、これからも主の記念としてこのようにしなさいと命じられました。これが聖餐式の由来です。

主イエス・キリストは神の御子でありながら人の姿になられてこの世に来られました。そして、人類が神に犯した罪を清めるために、十字架の上で血を流し、私たちひとりひとりの身代わりになって死なれました。これを信じる者は誰でも神の子になれるというのがキリスト教の信仰です。ですから、主イエスの十字架の死は、信仰者にとって決して忘れてはいけない出来事なのです。

聖礼典

洗礼式(バプテスマ)Baptism

洗礼(バプテスマ)はキリスト教入信の際に行われる聖礼典で、全身を水に浸す全浸礼、頭に水滴をつけて行う滴礼、手や容器を用いて水を注ぐ灌水礼などの方法があります

イエスは、ヨハネからバプテスマを受けるために、ガリラヤからヨルダンにお着きになり、ヨハネのところに来られた。 マタイの福音書 3:13

キリストの時代から続く洗礼式(バプテスマ)は、クリスチャンになることを決心した信仰者が教会の承認を得て受けることのできる聖礼典です。洗礼式の際に身体を水に沈めるのは、古い自分を葬り去ることを象徴しています。クリスチャンは洗礼によって、死から再び起き上がり「キリストとともに生きる新しい自分に生まれ変わる」と、自身の信仰を神と人の前で公に言い表すのです。

洗礼式(バプテスマ)